仙台ママが教える♪地元民おすすめの宮城県観光

仙台秋保の天守閣自然公園の紅葉散策☆入場料やアクセスも調査!

 

この記事では、仙台市の秋保エリアにある、天守閣自然公園について、入場料やアクセスといった基本情報と合わせて、秋がおすすめの理由を紹介していきます。

この記事を読むメリット

①天守閣自然公園とはどんな公園なのかがわかる。
②天守閣自然公園の秋がおすすめの理由がわかる。

秋保は仙台市でありながら、自然が多く、秋になると紅葉が美しくみられるスポットも多くあります。

「仙台 紅葉」と検索すると、秋保だと、秋保大滝や磊々峡が上位に挙がってきます。
このため、今回紹介する天守閣自然公園は、知る人ぞ知る紅葉の穴場スポットともいえるのではないでしょうか。

仙台秋保の天守閣自然公園は何があるの?子どもも楽しめる?

仙台秋保の天守閣自然公園は何があるの?子どもも楽しめる?

まずは天守閣自然公園の基本情報からまとめていきます。

天守閣自然公園
住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字源兵衛原10
電話 022-398-2111
(受付時間10:00~16:30)
営業時間 平日10:00~16:00
土・日・祝10:00~16:00
※季節により変動あり
定休日 12月~2月の第三金曜日
12/31、1/1

冬季期間以外は基本的に無休なので、あらかじめの予定を立てていなくとも、行きたいと思ったときに行けるのがいいですよね。

〇小屋館跡庭園(こやたてあとていえん)
自然豊かな池泉回遊式庭園となっており、四季折々で違った景色を楽しむことができます。
は梅や桜、藤の花。
は竹林や、鹿威しや枯山水などで日本の涼を楽しむこともできます。
は美しく色づいた500本を超えるモミジ。
は雪化粧をまとった日本庭園を足湯につかってのんびり楽しむのはどうでしょう。

庭園内、足湯が2カ所ありますが、現在は、平日は1カ所の開放、土日祝は2カ所の開放となっています。

〇市太郎の湯
日帰り天然温泉です。
天窓が大きいので、日中は日に光が差し込む気持ちの良い内風呂です。
檜の香りも広がるので、リフレッシュ効果も期待できます。
さらに、露天風呂もあり、秋保温泉を満喫することができますよ。

もちろん、温泉のみの利用も可能です。

〇鹿乙の湯
こちらは貸切露天風呂となっています。

【営業期間・利用時間】
4月~11月の土日祝のみ
土曜日11:00~16:50/日曜日11:00~15:00
※季節により変動あり

鹿乙の湯は冬季は営業していません。
さらに、夜17:00以降はオートキャンプ場利用者に開放されるので、一般客の利用はできません。
そして、完全予約制になっています。
空いていれば当日予約も可能ですが、確実に希望の時間に取るためには、前日までの予約がおすすめです。

〇そば処市太郎
散策・温泉を楽しめるスポットに、お蕎麦屋さんは嬉しいですよね。
さらに甘味で、ソフトクリームやラムネもあるので、温泉を楽しんだ後に、こちらで休憩するのも良さそうです。

【席数】
椅子テーブル席6名×7テーブル、座敷6名×5テーブル 全72席

店内も広く、お座敷席もあるので、小さい子ども連れでも安心して入れます。

〇ジンギスカン山力
2020年10月に新規オープンをした、ジンギスカンの専門店です。

【メニュー】
・山力ジンギスカン(一人前 生ラム150g ・季節の野菜盛り)
・おかわりジンギスカン(一人前 生ラム100g ・季節の野菜盛り)
・ソーセージ盛り合わせ
・ごはん
・お漬物
・〆のつけ麺 ジンギスカンを楽しんだ後のタレをスープでわってつけ麺に

メニューもとてもシンプルで、わかりやすいものとなっています。
予約も受け付けており、結構満席になることも多いようです。
もし行く日にちが決まっているのであれば、前もって電話をしておくのが良いですね!

〇オートキャンプ場
・テントサイトは全19区画(1区画の広さは約100平方メートル)
・AC電源付き
・1サイトに1台の駐車が可能。スペースは2.5m×5m(大型車不可)
・流し台、調理台、ガスコンロ(有料)が完備された炊事棟あり
・ピザ等を焼ける「石窯(4炉口)」あり(有料)
・トイレ、洗面コーナー、シャワー、宿泊者専用温泉露天風呂あり
・管理棟にはカフェが併設。薪・炭のみ販売

「公園」と名前はついていますが、ブランコ等の遊具があるタイプの公園ではなく、散策・散歩や足湯を楽しむ庭園がメインのスポットになります。
庭園のほかにも、温泉や食事処、オートキャンプ場まであるので、1日かけてのんびり遊べるスポットになっています。
むしろ、1日で全部を楽しみつくすのはなかなか時間が足りないので、
①庭園+温泉
②ジンギスカン
③キャンプ
と、パターンに合わせて、のんびり遊ぶのがおすすめですね。

そら
そら
できることが多い場所だから、老若男女問わず、好きな楽しみ方を見つけられそうね!

仙台の天守閣自然公園で紅葉を楽しもう☆

仙台の天守閣自然公園で紅葉を楽しもう☆

筆者の天守閣自然公園おすすめ季節No.1は、秋です!
公式ではどの季節がおすすめとは書かれていないものの、秋(10月後半~11月中旬)に「秋保ナイトミュージアム」というライトアップイベントを開催しています。

「秋保ナイトミュージアム」とは…
・小屋館跡庭園内のモミジの樹がライトアップされるイベント。
・毎年10月中下旬~11月中下旬頃開催。
※毎年1週間程度の前後あり。
※開催期間の詳細は、HPで要確認。
・時間は17:00~21:00(入場は20:30まで)
・ヨーロッパの照明賞“Darc Awards2017”イベント部門第2位
・2020年3月仙台市主催 第一回仙台市交流人口ビジネス表彰 ビジネス部門大賞受賞

秋保ナイトミュージアムは平成24年から毎年開催されている、秋の秋保を楽しむためのイベントです。
1年のうちで、最も人が集まる期間と言っても過言ではありません。
なんとこちら、年々パワーアップしています。
ただのライトアップではなく、ライトがカラフルだったり、ライトが動いたりしていたり、大人も子どもも楽しめるライトアップになっています。

この期間は本当に人が多く集まるので、2020年は密を避けるために、庭園内の足湯は中止されていました。
2021年も今のところは開放しない予定だそうですが、今後の状況次第なところもありますよね…。

くるみ
くるみ
ヨーロッパの賞をもらうほどのライトアップなんてすごいよね!
過去、海外のアーティストとコラボしたライトアップがなされたこともあるよ!

仙台の天守閣自然公園の入場料はいくら?温泉の入湯料は?

仙台の天守閣自然公園の入場料はいくら?温泉の入湯料は?

天守閣自然公園の入場料ですが、基本的に中の施設それぞれで料金がかかるようになります。

〇小屋館跡庭園

大人
(中学生以上)
子ども
(4歳~小学生)
レギュラーシーズン
(3~11月(ライトアップ期間除く))
400円 100円
オフシーズン
(12~2月)
200円 50円
秋保ナイトミュージアム
(ライトアップ期間10月後半~11月中旬)
500円 200円


〇市太郎の湯

入湯料
おとな(高校生~) 800円
中学生 730円
子ども(4歳~小学生) 400円
幼児(1歳~3歳) 200円

※「木の家ロッジ村・オートキャンプ場共通入場券」持参の場合は、入湯料が、高校生以上300円、4歳以上中学生が230円、4歳以上小学生が200円となります。
※「市太郎の湯」ご利用で小屋館跡庭園、オートキャンプ場、木の家ロッジ村が無料で散策できます。

【日帰り入浴プラン】
●市太郎セット
1,780円(税込)
・温泉(市太郎の湯)
・食事(そば処 市太郎)
・散策(小屋館跡庭園)
が一つになった、平日限定のプランです。

〈食事の内容〉
・天ぷら盛り合わせ
・そば(温・冷)またはうどん(温・冷)
・おにぎり
・ジュース

食事の内容は、通常1,500円ほどの天ぷら定食を考えると、温泉入湯料と合わせても、とてもお得に楽しめるものとなっています。

〇鹿乙の湯

入湯料
(大)1時間 2,200円
プラス入園料(大人400円・こども100円)
(小)1時間 1,700円
プラス入園料(大人400円・こども100円)

※ライトアップ期間中は入園料大人500円・こども200円に変更。

入浴可能人数(目安)
大:10~15名 小:10名弱

上記の2,200円は1組1時間あたりにかかる金額なので、例えば1人で入っても、10人で入っても2,200円になります。
ですので、人数が増えれば、1人当たりの金額が小さくなりますよ。

ちなみに、現在は各組、原則1時間までの利用でお願いをしているようです。

そら
そら
市太郎の湯を利用すると、小屋館跡庭園の散策も無料になるので、これもとてもお得です!

仙台の天守閣自然公園へのアクセスはどう?仙台からはどのくらい?

仙台の天守閣自然公園へのアクセスはどう?仙台からはどのくらい?

場所的には、秋保の磊々峡から、さらに少し進んだあたりに位置しています。
おすすめの交通手段を2つ紹介します。

●おすすめその①
自家用車で行くパターン
・国道48号線を西に進むルート
・約18.5㎞
・約30分(交通量で前後あり)

●おすすめその②
JRと秋保オンデマンドを利用するパターン
・JRで秋保駅に行く
・秋保駅から、秋保オンデマンドを手配して「木の家」まで行く
(木の家は天守閣自然公園の姉妹施設です。)
・参考料金:仙台駅→愛子駅330円
愛子駅→木の家500円

※秋保オンデマンドとは
JR東日本が運営している、定額の乗り合いタクシーです。
愛子のエリアにある温泉や旅館をはじめ、覗橋や秋保神社や秋保大滝といった観光名所も行くことができます。

こちらの記事中ほどで、秋保オンデマンドの詳細についても紹介しています!
合わせてご確認ください。

秋の秋保で紅葉を見よう!磊々峡のハート探しやアクセス周辺情報
秋の秋保で紅葉を見よう!磊々峡のハート探しやアクセス周辺情報 この記事では、秋の秋保おすすめスポットである、磊々峡について、噂のハートについてや、仙台からのアクセス・周辺情報と合わせて紹介し...

ちなみに秋保駅からバスに乗る、というパターンもあります。
ですがバスだと、天守閣自然公園からの最寄りが
・仙台市バスは「湯向」
・宮城交通は「秋保温泉湯元」
というバス停になり、
どちらも天守閣自然公園からは1.2㎞~1.3㎞ほど離れた場所にあるので、約15分~20分ほど徒歩で行く必要があります。

このことから、先に紹介した、2つの方法のどちらかで行くのが、おすすめとなります。

秋保ナイトミュージアムがおすすめ天守閣自然公園☆

いかがでしたでしょうか。
今回は、仙台市の秋保エリアにある、天守閣自然公園について、入場料やアクセスといった基本情報と合わせて、秋がおすすめの理由を紹介していきました。

私自身もこの天守閣自然公園の秋保ナイトミュージアム、コロナ禍前に行きましたが、とてもよかったです!
その時は、仙台市天文台のプラネタリウムや磊々峡の覗橋等を回る、「癒しの旅」と銘打ってお出かけしました。
1日秋保を堪能した後に、足湯に浸かってぼーっと紅葉を眺める。
本当に癒し以外の何物でもないほど、穏やかな時間を過ごすことができました。

11月の紅葉シーズン最盛期の土日祝は夜でも結構込み合うので、ぜひ10月や平日も検討してみてくださいね。
一見の価値あり!です!