【最新】仙台市のイベント情報

仙台七夕まつり2021は開催?コロナ影響や花火大会も2020から考察

 

この記事では、仙台七夕まつり2021について、開催はあるのか、コロナの影響や前夜祭の花火大会も、2020情報と合わせて調査していきます。

この記事を読むメリット

①仙台七夕まつり2021は開催があるのかがわかる。
②仙台七夕花火大会2021は開催があるのかがわかる。
③仙台七夕まつり2020はどうだったかがわかる。

前回、仙台七夕の歴史や、特徴について紹介をしていきました。

仙台七夕の歴史や特徴☆七夕飾りの意味や花火大会打ち上げ場所は?
仙台七夕の歴史や特徴☆七夕飾りの意味や花火大会打ち上げ場所は? この記事では、仙台市の夏のお祭りである、仙台七夕の歴史や特徴について、七夕飾りの意味や前夜祭の花火大会の打ち上げ場所等をまとめて...

仙台七夕まつりは、コロナ前は200万人を動員し、東北でも三本の指に数えられるほどのまつりとなっています。
全国のまつりはすべて同じだとは思いますが、コロナ禍となり、密をどう避けるか、感染対策はどうするかが、まつり開催への鍵となっています。

仙台七夕まつり2021は開催する?

仙台七夕まつり2021は開催する?

2021年3月16日の河北新報が、仙台七夕の開催方針を報じました!

仙台七夕まつり(8月6~8日)を主催する仙台七夕まつり協賛会は15日、新型コロナウイルスの影響で昨年は中止したまつりについて、今年は開催を目指す方針を確認した。
感染拡大防止策として飾り付けや店頭販売を一部制限したり、イベントを中止したりする。
今後の感染状況を踏まえ、7月上旬に開催の可否を最終判断する。

引用:河北新報 「仙台七夕は開催方針 協賛会が7月に最終判断」

今後の新型コロナウィルスの感染状況によっては、中止される可能性もまだ残っていますが、現段階では開催の方向で準備を進めていくということですね!

〈現段階でのコロナ対策〉
・吹き流しの七夕飾りを高さ2m以上に設置すること
・食べ歩きができる食品やアルコール類は店頭販売しない
・勾当台公園市民広場などで例年行うイベントは中止

これまでの吹き流しの飾りは、アーケード内を通行している人が掻き分けて進むほど長いのが一般的でした。
吹き流しを見ながらアーケードを歩き、クリスロード商店街の端にある阿部蒲鉾店本店でひょうたん揚げを食べながらまた吹き流しを見る。
そんな仙台七夕ならではの光景も、今年はいったん我慢となりますね。

くるみ
くるみ
アベカマのひょうたん揚げはちょっと前まで200円で買えたんだけど、ここ数年で250円に値上がりしているみたいだね。
それでもいつもお店の前には食べてる人がいるから、本当に人気なんだなぁといつも思っているよ。

2021の仙台青葉まつりはコロナの影響でどうなった?

2021の仙台青葉まつりはコロナの影響でどうなった?

仙台三大まつりの一つである、仙台青葉まつりは2021年は開催はどうだったのでしょうか?

〈2021年2月22日発表〉
・5月15日16日の日程で開催予定
・すずめ踊りの参加者の募集
・すずめ踊りは会場を、勾当台公園市民広場、同公園音楽堂、定禅寺通の3カ所に限定
・山鉾(やまぼこ)巡行の中止
・時代絵巻巡行の中止

〈2021年4月9日発表〉
4月5日に宮城県に「まん延防止等重点措置」が適用されたことをきっかけに、4月9日、仙台青葉まつり2021の中止を発表。

一度開催を発表しても、今後の新型コロナウィルスの感染状況次第では、仙台青葉まつりのように、仙台七夕まつりも中止になってしまう可能性も十分に考えられます。
ただ、今年中止になった青葉まつりは代替イベントが準備される予定にはなっているようです。

代替イベントとして、5月8日~16日に山鉾(やまぼこ)を青葉区一番町の商店街などに展示するほか、秋以降に「仙台・すずめ踊り」の発表の場を設ける。

引用:河北新報 「【速報】仙台・青葉まつり中止、正式発表」

仙台七夕の花火大会2021は開催される?

仙台七夕の花火大会2021は開催される?

仙台の花火大会は、仙台七夕の前夜祭となっています。
ですがこちらは、実は仙台七夕まつりの主催者とは違うことをご存知でしたでしょうか。

仙台七夕まつり:仙台七夕まつり協賛会
仙台七夕花火祭:仙台青年会議所

おそらく方向性は合わせるのだとは思いますが、現在の発表では、

仙台七夕まつり:7月上旬に開催の可否を最終判断
仙台七夕花火祭:6月以降に判断

となっています。

現状では開催に向けて準備が進められていますが、今後の情報を待ちたいと思います。

参照:仙台七夕まつり
参照:仙台商工会議所

そら
そら
もしかすると、花火はやらないけど七夕まつり本祭は開催、ということも出てくるかもしれないわね。

仙台七夕まつり2020は吹き流しは飾られたの?

仙台七夕まつり2020は吹き流しは飾られたの?

2020年の仙台七夕まつりは中止になっていました。
確かに県として、市としてのまつりの開催はなかったので、各種イベントが行われることはありませんでした。
しかし、例年吹き流しが飾られるメインアーケードには、少ないながらも、吹き流しの飾りが飾られました。
飾りをアーケードの中で高く掲げ、飾りと通行する人とが触れないように工夫がなされました。

2021はこれを参考にして、高さ2m以上に設置としたようですね。
2020では本当に少しの有志が飾るだけだったので、今年は見上げて楽しむ仙台七夕となりそうですね。

参考:2020年度七夕飾り掲出予定商店街

くるみ
くるみ
ちなみに、仙台七夕が中止になったのは、減現在の形で行われるようになった戦後から見ても初のことだったみたい。

コロナ禍でも安心安全に仙台七夕を楽しむために

いかがでしたでしょうか。
今回は、仙台七夕まつり2021について、開催はあるのか、コロナの影響や前夜祭の花火大会も、2020情報と合わせて紹介していきました。

例年だと、七夕まつり期間中は、アーケード内が大変混雑しています。
七夕まつり期間中は、家族連れやカップルをはじめ、夜にはお酒を楽しむ人も大変多く町を歩いています。
まつり、となると、気持ちが緩んだり、お酒が入ると声が大きくなったりマスクを外したり…。
感染対策として多くの懸念があることは間違いありません。

いくら主催側が対策を講じても、そこに参加をするのは“私たち一人ひとり”ですから、個々人がきちんと対策をして、みんなで気持ちよく仙台七夕を楽しみたいですね。

〈私たちが必ず守りたい感染対策〉
・マスクの着用
・食べ物は基本的に持ち込まない
・大きな声で話さない
・手が届く飾りも触らない
・手洗いうがい、アルコール消毒をこまめにする
・体調が悪いときは無理して参加をしない
・密になる場所は避ける

今も意識してやっていることばかりですが、七夕まつり期間はそこに夏の暑さも加わるので、水分も取りつつ、熱中症も気を付けつつ、健康を第一に楽しんでくださいね!